JAMBO!

北国の女子大生。ケニアやその他海外について!

明るい笑顔と、その裏にひそむ厳しい現実

Jambo! (English after Japanese)

 

ケニアの田舎町で出会った、ある若い女性の話。

 

 

20代半ばの彼女は、3人の息子を持つシングルマザーです。

10代前半で長男を出産、その後20代で次男と三男を出産しました。

 

 

10代前半で出産…そう聞いて驚かないでしょうか?

彼女は、そうしたくてそうしたわけではありません。

なぜ、そうなったのか。

それは、彼女のお父さんが若くして亡くなったからでした。

お父さんは仕事をして、家族を支えていました。

彼女は小学校に通い、勉強していました。

しかしある日、お父さんが亡くなってしまいました。

彼女は小学校を中退し、結婚しなければなりませんでした。

(※ケニアの教育制度は、小学校8年、高等学校4年、卒業後に大学という形です。)

 

お父さんが亡くなり、なぜ結婚しなければいけなくなったのか。

ケニアでは結婚する時に、婿が花嫁の親に”牛や現金を支払う”という習慣があります。

つまり、あとは私の推測ですが、家族の大黒柱を失った彼女の母親は、他の子供達を育てるためにも、彼女を嫁に出し、牛や現金をもらうという選択肢を選ばざるを得なかったのだと思います。

 

 

約20も歳上の男性と結婚した彼女は、長男を出産しました。

しかし、彼にとって彼女は一番目の妻ではありませんでした。

ケニアの田舎町では、一夫多妻制の家族が今も見られます。

彼女は、彼にあまり大切にしてもらえませんでした。

苦痛に思った彼女は、その後離婚しました。

それから彼女はシングルマザーとして、息子たちを世話しています。

 

 

彼女は、とても強く、明るく、20代半ばとは思えないほど頼り甲斐がありました。

何度も精力的に支えてくれ、助けてくれ、アドバイスをくれた彼女は、歳は私とほとんど変わりませんが、母親のような存在であり、そして良き友達です。

 

 

これまでの道のりは楽なものではなかったはずです。

しかし、数々の経験が、彼女を強くしたのではないかと思います。

というか、強く、明るくいなければ前に進めなかったのかもしれませんね。

 

…ここまでだと、「大変な境遇でも強く生きるアフリカの女性」という、美しい話になりそうですが、現実はそれほど綺麗ではありませんでした。

 

別の日、彼女と再会を果たした時のこと。

初めは懐かしい思い出話なんかをして笑っていました。

途中から、彼女の長男の話が始まりました。

長男は高等学校に通っていますが、年間3万円の学費を支払うことが難しく、息子を進級させらないんだとか。

話を聞くと、次男と三男も就学前クラス(日本でいう幼稚園のようなクラス)に通っておらず、家にいるだけのようでした。

仕事について聞くと、地元の町でアクセサリーや服を売っていますが、ほとんど売れないので収入はほとんどないそうです。

一緒に住む母親も仕事はしていません。

 

 

「息子のスポンサーが見つかれば、進級させられるんだけどね…」

彼女はそう呟きました。

要は、私にスポンサーになってほしいということですね。

お金やものをねだられることには慣れてきていましたが、通りすがりの人に言われるのと友達に言われるのとでは全然違います。

ショックでした。

正直、3万円は私にとってもそんな簡単に払えるものではありません。

しかも、それが1回きりで終わるとも思えなければ、次男や三男の教育費も必要になってくるのも目に見えています。

その時、私は3万円も現金を持ち合わせていなかったですし、すぐにそれだけの現金を得ることも不可能でした。

彼女は交通機関を使用して私に会いに来てくれたので、それを賄えるくらいのお金になればと思い、結局500sh(約500円)を手渡しました。

丁寧なお礼を期待したわけではありませんが、「ありがとう」と、さらっと500sh札を受け取った彼女は、どこかそういったことに慣れているのではと思ってしまいました。

 

 

国連機関やNGOに寄付したりもしますが、基本的にお金はあまりあげたくないと思っています。

”援助慣れ”を引き起こすと思っているので。

あとは、一人にお金をあげたら、他の人はどうしたらいいんだろうって思ってしまいます。

困っているのは一人ではありません。

苦労している人は山ほどいます。

冷たいと言う人もいると思いますが、言ってしまえば、お金を渡し始めるときりが無いと思うんです。

 

彼女には、良い仕事が見つかるといいね、そう言ってさよならをしました。

しかし、ケニアで仕事を見つけるのがどれだけ大変か、3ヶ月間ケニアの人を見てきて、それが簡単ではないことも分かっていました。

ケニアでは、日本では信じられないほど仕事を見つけるのが大変です。

高学歴化が進んでいて、大学を卒業したとしても、仕事が見つからないなんてケースがたくさんあります。

そんな状況なので、田舎町で、さらに小学校も中退しているとなると、職探しがどれだけ大変なことか…。

 

 

彼女は、「お父さんがまだ生きていれば、教育も続けられたし、こんなに大変じゃなかったはずなのに…」

そう呟いていました。

 

中々厳しい状況ですが、彼女が仕事を見つけ、安定した現金収入を得られるようになり、息子たちがちゃんと教育を受けられるようになることを祈るばかりです。

それと同時に、酷すぎる就職難の状況や、早すぎる結婚、それに伴う教育の中断など、様々な問題も気になって仕方ありません。

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

Today I will tell you the story about one young Kenyan lady who, I met in rural areas.

She is mid-twenties. She is a single mother who has three sons.
She gave birth the first born in her early teens. Then she gave birth two sons in mid-twenties.

 

Did you surprised that she gave birth in her early teens?
She did do that not because she wanted, because she didn't have another choice.
Why?
It was because of her father's death.
He worked and supported family budget.
She went to primary school to study.
But when her father died, she had to quit going school and marry.
( In Kenya, primary school is eight years, high school is four years. After that some people go to university.)

 

Why did she have to marry when her father died?
In Kenya, there are custom that husband has to give money and caws to wife's parents when they get married.
So, I guess her mother didn't have another choice to take care of other children. She lost her husband and income but she had a lot of children.

 

She married the man who was over twenty years older than her. She gave birth.
Her husband had some wife. In some parts of Kenya, husband are allowed to have some wife.
She didn't like him because he disturbed her. So they divorced.
After that, she have taken care of children as a single mother.

 

She is really strong, positive,and has reliability. I can't believe that she is only a few years older than me.
She helped and supported me many times. She was good friends and also like mother for me.

 

It seemed that she overcame some difficult situations. But I think these experiences made her stronger. Or, she had to be strong and positive to overcome some difficulties .

 

For now, it seems that beautiful story like "strong women in Africa". But actually it was not just a beautiful story.

 

On another day, I met her again.
At first we talked about our memories, laughed and took photos. We enjoyed together.
Then she started taking about her son who was a high school student.
It was hard for her to pay three hundreds dollars per year as a school fee. So she wanted her son to continue education but it was difficult.
Also her another son didn't go to baby school, which is like a kindergarten.
She sells clothes and accessories in her town but she said people hardly bought it.
Her mother who lives with her doesn't have a job.

 

She said "If someone becomes my son's sponsor, he will continue his studies..."
It meant that she wanted me to become his sponsor.
I got used to asked money or something by strangers. But it was shocking for me to be asked by my friends.
Actually three hundreds dollars was not so cheap for me.
Also I didn't think it was only that time. If I give her money, I will be asked money again next year I thought. Also her second and third sons too.
At that time, I didn't have three hundreds dollars and it was impossible to prepare that amount of money in cash.
She used bus to see me. So finally I gave her about five dollars for bus fare.
It didn't mean that I expected polite appreciation from her. But she said "Thank you" and put money into her bag naturally. It looked that somehow she got used to these things.

 

Although I've donated to UNHCR and NGO, I don't like donations generally. Because it will cause problems that people, who usually in developing countries, will used to be supported money. Also, if I give money to someone, I am considering about another people. It's not a few people who need money. Maybe someone will say I am not kind. But I can't give money to all the people who need it.

 

I said " I wish you will find good job." and said goodbye to her.
But I knew it was really hard to find job in Kenya.
Even if people graduated university, there are no promises to get job. Because now many people go to university.
In such a situation, I knew how hard it was for people who didn't graduate primary school to find job in rural areas...

 

She said " If my father still arrives, I have continued my studies. And it will not be so hard to live a life..."

 

It was really difficult situation for her. I just wish she will find job, get a enough money so that her children can enjoy education.
Also at the same time, I am concerned about difficulties of finding jobs, getting married in too early age, stopping education in early ages and so on.

Thank you so much for reading!

 

下の写真は、とある道を撮っただけで、話の女性とは無関係です。

This road was just I took a photo in Kenya, it was not related with lady I wrote today.

f:id:SayuriYamamoto:20171008213748j:image