JAMBO!

北国の女子大生。ケニアやその他海外について!

休学したら、”自分が好き”と思えるようになった。

Jambo! (English after Japanese)

 

北海道は日に日に寒くなってきました。

 

さて、今日は休学して”私がどう変わったか”について。

3ヶ月半バイト、1ヶ月船旅、2ヶ月半バイト、3ヶ月ケニア

そんな1年間の休学生活でした。

6つに分けてお話します。

 

1. 自信がついた

”休学”という選択肢も、船もケニアも、誰もが通る道ではなく、いわばレールから外れた道でした。それだけに、不安もありましたし、失敗しても自己責任だと思っていました。だからこそ、そんな自分で選んだ道を無事に通ることができて、自信がついたのかなと思います。

上手くいかない日も、壁にぶつかることもたくさんありました。そんな時は周りのたくさんの人に支えられながら、壁を越えてきました。

挑戦して、失敗して、また挑戦して、上手くいって…そんな繰り返しでした。

 

2. なんとかなる精神

もともと、「まぁ、なんとかなるでしょ。」そんな感じの性格でしたが、それが加速しました。

数々のトラブルや失敗を乗り越えたてきたので、そう思えるのだと思います。

何かにぶち当たっても、「あんなトラブルも、あんな辛いことも乗り越えることができた。だから今回も大丈夫だろう。」そう思えます。

ケニアで言う Hakuna matata (ハクナマタタ:No problem )ですね。笑

 

3. 焦らなくなった

ケニアから帰ってきて、焦りやすかった性格は変わったと思います。時間の感覚がゆっくりで、人が歩くのもゆっくり。初めは、日本と感覚が違い過ぎて戸惑っていました。しかし、それも気付けば慣れるもので、もはや焦る意味が分からなくなりました。「自分のペースで、無理せず進めばいい。」そう思います。焦らなくなったおかげで、心にもゆとりが持てます。

「もっと落ち着いて!そんなに焦ってどうするの?」過去の自分にそう言いたいです。

 

4. 英語がちょっと話せるようになった

船は1日の半分以上が英語で、ケニアはほぼ英語のみでした。特にケニアは、基本的に周りに日本人がいなかったので、英語でコミュニケーションをとるほか、選択肢がありませんでした。そんな生活を3ヶ月して、自ずと英語は前より話せるようになりました。

やはり実際に使うのが、語学力を伸ばすには大事ですね。

 

5. 肉をあまり食べなくなった

日本にベジタリアンやビーガンはあまりいませんが、船ではそういった人たちにたくさん出会いました。宗教上の理由で肉を食べない人たちもいました。

また、ケニアで牛の屠殺を初めて見ました。1ヶ月間、牛や豚の世話をしていました。新たな命が誕生したと思ったら、別の日には昨日まで元気だった豚が死んでいました。

動物の命の大切さや、有り難みを感じると同時に、かわいそうだと思いました。

そんなわけで、あまり肉を食べなくなりました。

 

6. 自分が好きになった

なぜかと言われると難しいのですが、「自分が好き」と思えるようになりました。心の声に従い、心からやりたいことをやる…。シンプルですが、そうすることで、「自分が好き」と思えるようになったのかもしれません。

あとは、船で色々な人に出会い、ありのままの自分を受け止めてくれる人に出会い、「私は私でいいんだ」と思うことが出来たからかもしれません。

 

以上、休学を通しての自分の変化について書きました。

一方で、変わらなかったこともあります。

例えば、国際協力への興味。船で様々な問題について知り、ケニアで様々な問題を見て、より一層国際協力に関わっていきたいという思いは強くなりました。

あとは、海外への興味。3ヶ月も海外にいたら、しばらくは日本にいたいと思うかと思っていましたが、今も海外へ行きたい気持ちはなくなりません。もっともっと知らない場所へ行ってみたい、そんな思いが強まりました。

 

自分のやりたいことが分かっているのに、行動に移せない人がいたら、それはとても勿体無いと思います。

環境が整っているのであれば、行動しない手はないと思います。

やらない言い訳をするのは簡単です。

何かに挑戦するには、不安がつきものです。

しかし、動いてみたら意外とどうにかなったりするもので、それを越えた先にしか見えない景色もたくさんあります。

それでも行動出来ないのであれば、きっとそれは”本当にやりたいこと”ではないのだと思います。

 

…偉そうなこと言いましたが、こうして自分にも言い聞かせています。笑

心の声に従って、生きていきたいですね。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

It's getting colder day by day here, Hokkaido.

Today I'll talk about how I've changed compared before I took a gap year and now.
In a year, I joined "ship for world youth leaders", I stayed in Kenya and rest of time I worked as a part time job.
I'll talk in a six categories.

 

1. Confidence
Taking a gay year, travel by the ship, staying at Kenya...these experiences were not for many people. I mean I choose a little bit strange choices. So sometimes I felt anxious. Also I thought even if I failed something, it's just because of my responsibility. But although it's not ordinary and easy choice, now I've finished it and backed university safely. So that why I feel confidence now.
Sometimes I had a hard time. But all these times many people supported me so I could overcome these difficulties.
I challenged, failed, again challenged, success...during my gap year, my life was such like that.

 

2. It Will Be Alright
Even before I took a gap year, I usually thought "It will be alright." But after I backed Japan from Kenya, I've thought it more.
I thought it is because I experienced many hard time then I could overcome.
When I faced difficulties, I felt "I've overcome many problems. So this time also I can overcome it."
Maybe Kenyan people will say "Hakuna matata.(No problem)"

 

3. Don't Hurry...
Before I went Kenya, I always hurried. My schedule was really tight. But now I don't hurry anymore. I keep on time but I don't too hurry now. In Kenya, people didn't hurried, they relaxed, they walked slowly. At first, I was confused because it was really different from Japan. But in a few weeks later, I got used to these slow African time. I noticed "We don't have to hurry too much. We can go on own pace." Also these African time made me relax.
I wanted to say "Don't hurry. Relax and slowly. Why do you so hurry?" to past me.

 

4. English
My English skills were somehow improved. In the shop program, about half a day I used English. In Kenya, I used almost only English because there were only few Japanese people there. Through these life my English were improved at least.
It's very important to stay abroad to improve language skills, isn't it?

 

5. Food
There are not so many Vegetarians and Vegans in Japan. But on the ship, I met a lot of these people. Also I met people who don't eat meat because of their religion.
In Kenya, it was a first time to see slaughtering caw. Also I took care of caw, pigs and goats in a month. One day pig gave birth, another day some pigs died.
I felt how beautiful animals life were. Also I felt sorry for cattle to eat.
Now I don't eat a lot of meat.

 

6. I Like Me
I don't know why exactly but I like me now. Before I took a gap year, I didn't like me. I followed my heart, I did something what I really wanted...it's very simple. But I wonder such like that, I like me now.
Also on the ship, I met a lot of people from many countries. Everyone were different and unique. I realized "I don't have to pretend to someone. I am only one person in the world."

So I told you how I changed through gap year.
On the other hands, there are also something didn't change.
For example, I'm still interested in international cooperation. On the ship I knew many problems in the world. In Kenya, I saw many problems directly. Now I want to know international cooperation more.
Also I still love traveling abroad. I thought I wanted to stay in Japan for a while after staying abroad three months. But still I want to go abroad. Of course I love also Japan but my feelings which I want to go abroad become stronger.

 

If you don't move although you notice what you want to do, I think you should move now.
If the environment is no problem, you can move.
It is easy to think excuse not to move.
When you challenge something, most of the time you have anxiety.
But once you start moving, I think it will be alright, and you will experience many wonderful experiences.
But if you still can't move, maybe it's not things you really want.
...I wonder if I was a little bit arrogant to say these things. But I also said to me like this.
I want to follow my heart every day. Don't you think so?

Thank you very much for reading!

 

去年の七夕に書いた短冊。

I wrote it last year's June. I wrote "After one year, I hope I will have more confidence. And I wish people around me are smiling always."

f:id:SayuriYamamoto:20171023144127j:image