JAMBO!

ケニア、船旅、etc...

キクユ語

Jambo! (English after Japanese)

 

 

函館に戻り、すっかり日本での日常に戻りました。

函館は、木の葉が黄色や赤に色付いていて、栗が落ちていたりします。

 

今日は、キクユ語を紹介します。


前にも触れましたが、ケニアには40を超える民族が住んでいて、各民族が各々の言語を持っています。

 

8月中旬から約1ヶ月間滞在していたThikaは、キクユ人が多く住む地域でした。

 

元気ですか? wimwega (ウェムウェーガ)
-はい、元気です。 ndimwega (ディムウェーガ)
私の名前は〜です。 njitaguo (ジタッグウォ)
あなたの名前は何ですか? witaguo atia? (ウィタッグウォ アーティア)
ありがとう。 thengio (テンギオ)

-どういたしまして。karibu (カリフ) ※スワヒリ語だと発音は”カリブ”

ごめんなさい。 sorri (ソーリ)
おはようございます。  wimwega rucini (ウィムウェーガ ルシ二)
こんにちは。(午後の挨拶) wimwega mwiraho (ウィムウェーガ ムウィラホ)
こんばんは。 wimwega hwaini (ウィムウェーガ フワイニ)
おやすみなさい。 utuku mwega (ウトゥク ムウェーガ)

さようなら。 tuonan(トゥアナネ)

どこ  niku (ネク)
だれ nu (ノウ)
いつ niri (ネリ)
なに ati (アテ)
どのように atia (アティア)

はい ini (ユニ)
いいえ aca (アシャ)

私 nii (ニー)

あなた we (ウィー)

魚 thamaki (タマキ)

ヤギ muburi (ムブリ)

牛 ng'ombe (ンゴンベ)

ニワトリ nguku (グク)

 

※上記ではu(ウ)の発音になる音はuで表記していますが、本来は”w”を使用します。

※単語の初めの"n" は発音しません。

※ i と表記したもののいくつかは、本来はiではなく、上の点の部分が ~ のような文字です。キーボードでその文字を発見出来なかったので、i で代用しました。

※発音のカタカナ表記は、参考程度に見て下さい。

 


これらはキクユ人の女性に教えてもらいました。
キクユ人はケニアで最大の人口を占める民族で、中央部に多く住んでいます。

 

驚いたのは、全てのキクユ人がキクユ語を話せるわけではないということです。
年配の人はキクユ語を使っていますが、若い世代はあまりキクユ語を話さないんだとか。


あるキクユ人の女性が、こう話していました。
「子供たちはキクユ語分かんないよ。ここには色んな民族の人が住んでて、キクユ語じゃコミュニケーションとれないからね。この子たちはスワヒリ語と英語だよ。」
第一言語が現地語でなく、スワヒリ語になっているようです。


公用語であるスワヒリ語の方が便利なのは確かですが、現地語が使われなくなってきているのは、なんだか寂しい気もします。

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

 

I have backed Hakodate, where my university places in. 

My life in Japan has also backed.

Now many leafs colors turned red and yellow. Also I saw chestnut in its burr.

 

Today I would like to tell you Kikuyu languages a little.

 

As I said before, there are over 40 tribes in Kenya. Each tribes have each languages.
I had stayed in Thika, where many Kikuyu people live in, for about a month. 

 

 (English-Kikuyu)

How are you?-wimwega 
-I'm fine.-ndimwega 
My name is... -njitaguo 
What's your name? -witaguo atia? 
Thank you. -thengio 
-You're welcome. -karibu 
Sorry. -sorri 
Good morning. -wimwega rucini 
Good afternoon.-wimwega mwiraho 
Good evening. -wimwega hwaini 
Good night. -utuku mwega 
See you. -tuonan
Where -niku 
Who -nu 
When -niri 
What -ati 
How -atia 
Yes -ini 
No-aca 
Me -nii 
You -we 
Fish -thamaki 
Goat  -muburi 
Caw -ng'ombe 
Hen -nguku

 

※I wrote "u" which sound is "u". But by all rights, it should be written "w".
※If the head letter of the world is "h", you don't pronounce the sound "h".
※I used sometimes "i", but by all rights, it should be another word which similar to "i". I'm sorry but I couldn't find that letter on my keyboard so I used "i" instead of correct letter.

 

Kikuyu lady taught me these words.
Kikuyu has the biggest population in all tribes in Kenya. In central part of Kenya, there are many Kikuyu people.

I was surprised that not all the Kikuyu people speak Kikuyu language. It seems that old people speak Kikuyu but young people and children don't.

 

One Kikuyu lady said "My children don't understand Kikuyu language. Here in this town, various tribes live in so we communicate in Swahili. So my children speak Swahili and English."
It seems that first language is Swahili, not mother tongue for some children.

It is clear that Swahili language is more convenient than local language. Because Swahili language is a national language in Kenya. But I feel little sad that local languages are not used by many people nowadays.

 

Thank you very much for reading!

f:id:SayuriYamamoto:20170929101650j:image