JAMBO!

ケニア、船旅、etc...

ある日の嬉しかった話

Jambo! (English after Japanese)

 

Oyugisに滞在していた時の、とある日の話をします。

  

Oyugisでは、他のボランティアメンバーと共に、小学校のすぐ隣の建物で生活していました。 

ベッド、テーブル、イス、テレビもありました。台所、トイレなどは外です。

塀などはありませんが、鉄の線(名前が分かりません…)が引いてあるので、外から浸入は出来ないようになっています。

 

ある日、外で服を洗っていた時のこと。

洗濯機はないので手洗いです。

道を歩いていた子供たちが、フェンス越しに"How are you?" と声をかけてきました。

6〜9歳くらいの子が3、4人いました。

子供が声をかけてくるのはいつものことなので、いつもの様に"I'm fine. And you?" と返します。

 

子供たちは私が返事をするだけで、楽しそうに笑います。

「名前は何?」「どこから来たの?」「アメリカを知ってる?」「洗濯手伝おうか?」…など、色々聞いてきます。

そのうち、「何か買ってくれない?」と一人が言いました。

やっぱりきたか、と思うわけですが、「ごめんね、私も学生であまりお金がないからそれは出来ない」と返してみます。

 

すると、子供たちは一瞬きょとんとした後、ひそひそ話し始めました。

もう帰って行くだろうと思って、私は洗濯を再開します。

しかし、驚いたことに子供たちはまた元のように色々質問し始めました。

「ナッツ食べる?」「私たちの名前知りたい?」「あなたに出会えてとっても嬉しい!」…

結局子供たちは、私の洗濯が終わるまでそこにいました。

 

ほんの些細な出来事ですが、「お金はあげれない」と言った後も会話が続いたことが、私はとても嬉しかったです。

 

 

何か買って欲しかったのは事実だと思いますが、それだけではなく、単純に、”外国人がいる 。おもしろそう。”そんな興味から話しかけてくれたのかなぁと。

 

ケニアに来てから、毎日のようにお金の問題にぶつかっています。

「なんかちょうだい」とか、「この子を助けて」とか「食べ物が十分に買えなくて…」とか。

肌の色が白いというだけで、日々お金や物をねだられて、飲み物買うのと交通費払うのも、現地の人より高くお金とられて…正直疲れてしまいます。

しかし、それと同時に「助けて」と言われているのに何も出来ない自分が悔しかったりもします。

今の自分に出来ることと言ったら、こうした経験を周りの人にシェアすること…

それに尽きるかなと思います。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 

 

Today, I would like to share the story when I stayed in Oyugis.

 

I lived house near the elementary school with other volunteers people there. We made meals together.
There were beds, tables, chairs and TV. The kitchen and bathroom were outside.
We didn't have a strong fence but we had a iron wire so that prevented strangers come in.

 

One day, I washed my clothes outside.
We didn't have a laundry machine so we washed with our hands.
Children who walked on the load spoke to me "How are you?" over the wire.
There were 3 or 4 kids who looked about 6 to 9 years old.
It wasn't rare that children spoke to me so I replied "I'm fine. And you?" as usual.

Kids smiled happily when I just responded.
"What's your name?" "Where are you from?" "Do you know America?" "Can I help washing?"...such like this, they asked me a lot.
After, one of them asked me "Can you buy something for me?"
I thought "It's again as usual...as I thought...", and I replied " I'm sorry but I'm student. So I don't have much money."

Then, they looked surprised in a moment, and they talked whisperingly.
I imagined that now they came back. So I restarted washing my clothes.
But surprisingly, they didn't and restarted asking me.
"Do you want to eat groundnut?" "Do you want to know our name?" "I'm so happy to meet you!"...
Finally they asked me until I finished washing.

 

It was just trivial incidents. But I was so happy because they didn't back and continue conversation even after I said "I can't give money."

Maybe it was fact that they wanted money. But I think they didn't spoke to me not only because money but also just because they were interested in foreigners.

 

Since I came Kenya, almost everyday I've faced problems about MONEY.
People asked me to "Please give me something." "Please help my baby." "We can't buy enough food."...such like this.
Everyday I was asked money or something, and I have to pay more than Kenyan people just because I'm not black person.
Actually I got tired these things...
But at the same time, I feel regret that I can't do nothing when someone asked help...
Only things I can do now is that, share these experiences with people, I think.

 

Thank you so much for reading!

f:id:SayuriYamamoto:20170809224049j:imageThe photo taken in Oyugis.