JAMBO!

北国の女子大生。ケニアやその他海外について!

32日間の船旅

こんにちは、さゆりです!

 Hello, I'm Sayuri.

 

今日は、船旅についてお話します。

私は「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」(通称SWY)に参加してきたわけですが、事業について詳しく知りたい方はぜひHPをご覧下さい。→http://www8.cao.go.jp/youth/kouryu/bosyu.html

一言でまとめるなら、「11カ国240人の青年と南太平洋を1カ月船旅」…かな。

Today, I'd like to talk about ship trip. 

I joined "ship for world youth leaders" (SWY). If you are interested in details about this program, please check the website below . →http://www8.cao.go.jp/youth/kouryu/bosyu.html

It's difficult to summarize this program in a few words but... I'll say " Ship trip with 240 youth including 11 countries for a month ".

 

事業の内容や詳細は、調べると色々なところに載っていると思うので、ここでは私の思ったことや感じたことをお伝えしたいと思います。

You can know the details of it in the internet so today I want to talk about what I felt and what I thought.

 

下船して2ヶ月が過ぎた今、思うことを8つに分けてお話します。

Two months has passed since I backed Japan. I'd like to tell you 8 things what I felt and thought.

 

1.みんな違ってみんないい

インド、ウクライナ、エジプト、ケニア、ブラジル、カナダ、コスタリカ、フィジー、ニュージーランド、トンガ、そして日本。国、文化、宗教、価値観…それぞれが240通りあって、それはとても素敵なことだと思いました。みんな、それぞれ自分の色を持っていて、足りない部分は補い合えばいいのだと思いました。当たり前みたいなことだけどね。そして、だからこそ自分も自分でいいと心から思えました。

1. Everyone has own color 

India, Ukraine, Egypt, Kenya, Brazil, Canada, Costa Rica, Fiji, New Zealand, Tonga and Japan. I could see various countries, cultures, religions, thinking of values and etc...Everyone has a own identity. Everyone are different. I thought it's really simple, and matter of course, but it's really wonderful and beautiful. If you can do something, you can ask someone who can do that. Such like this, we can cooperate with each other. So, I felt that "I am only I. No one can replace."

 

2.仲間の大切さ

苦しい時や辛い時、どんな時も寄り添ってくれる仲間がいました。毎回壁を乗り越えることが出来たのは、仲間のおかげでした。「苦しい!」そう声をあげると話を聞いてくれる人がいて、何も言えない時でさえ、「どうしたの?」と声を掛けてくれる人がいました。私は支えられてばかりでした。周りの友人に、恵まれていました。

2. The importance of friends 

Sometimes I was struggling with something, I felt sadness and depression. But like all that time, someone supported me. I couldn't overcome these problems and depression without my friends. If I said " I have a trouble...", someone helped and supported me. Even if I couldn't asked help, someone noticed my trouble and talked to me " Are you okay?" I was always supported by my friends. I little regret that I couldn't support my friends a lot. I'm so much happy because of my awesome and kind friends.

 

 

3.独りの時間

仲間と過ごす時間は大切ですが、独りになる時間も非常に大切でした。集団が苦手なのに、こんな大勢との共同生活に飛び込んでしまいました。ずっと誰かといると苦しくなってしまって、なので定期的に独りの時間は作るようにしていました。デッキで海を見ながら風に当たるのは最高です。もちろん、ずっと独りがいいわけではないので、みんなとの時間も大切に過ごしました。

3. The time of alone 

I love spending time with my friends and it's important things for me. But at the same time, it's also important for me to spend time by alone. I need alone time, it's mean, if I spend time with someone all the time, I feel something bad, tight and uncomfortable...So sometimes I went deck and saw beautiful sea, heard the sound of wave, sometimes though something, and sometimes thought nothing. 

 

 

4.エンパワーメント

あまり人を支えられた自信はないですが、少なくとも何人かには良い影響を与えることは出来たと思っています。勇気を出して一歩を踏み出してみた時、そんな私を見て何かを感じてくれたり、一緒に頑張ってくれる人がいました。それまで、私は自分が人の影響を受けるばかりで、誰かに影響を及ぼすということはあまりなかったと思います。しかし、私も周りに何かの影響を与えることが出来ると感じた瞬間でした。

4. Empowerment

As I said,  I couldn't support many people. But at least I could give positive effects to some friends. I have some challenging experiences, such as short speech, accompanied on the piano and more simple ones was that just saying my opinion in a small group. Like that time, one of my friend said she felt positive energy, and another friend said she wanted to challenge something like me. It was so happy that I gave positive effects on some friends. And of course, I was impressed, empowered and encouraged by many friends.

 

 

5.ステレオタイプ

船に乗ってすぐの頃、私は出会った人にだいたい始めに出身国を聞いていました。そして、無意識のうちに、その人を、その国のステレオタイプにはめ込もうとしていました。これは宗教に関しても同じでした。もちろん国や宗教はとても大事だと思いますが、途中から違和感を感じ、国や宗教をすぐに聞くことを辞めました。

5. Stereotypes 

At the first time I got on the ship, I usually asked "Where are you from?" to people who met the first time. And I tried to force someone into stereotypes unconsciously. It was strange. Sometimes I asked religion and did same things as countries. Countries and regions are of course important, I think. But I felt somehow strange so I stopped asking countries and religions to people who met the first time. I think it's more important to know what he/she like,  what he/she think important and how he/she live. 

 

6.挑戦できる空間

船の中では何でも挑戦出来ました。あんな空間は中々ないと思います。失敗しても責める人がいなければ、軽蔑したり怒る人もいません。一歩を踏み出そうとすると、背中を押してくれる仲間がたくさんいました。だからこそ、失敗を恐れずに何でも挑戦出来たのだと思います。あんな空間が、船の外でも作れないかなと思います。

6. Atmosphere we can challenge 

On the ship, we can change various things. No one blame, be angry or look down on me even if I make a mistake. When I tried to challenge something, many friends helped and supported me with warm heart. So I could challenge many things without fear of failure. I wish we could also make an atmosphere like this the out of ship.

 

 

 

7.「船上」という環境

私は船上、その環境自体がとても好きでした。船酔いには悩まされましたが、それでもまたいつか船に乗りたいと思っています。波、風、空気…移動するごとに、時間を経るごとに様子が変化していって、同じ瞬間はありません。見たことないような美しい朝日、夕日、星空。イルカやカモメ、クジラ。自然の雄大さを感じました。船ではwifiが無く、コミュニケーションは対面かたまに手紙。不便な面もありますが、今の現実とは切り離されていて、そしてストレスフリーな生活でした。日々「今」を生きることが出来て、「生きてる」とすごく思いました。

7. On the ship 

I loved just spending time on the ship so much.  Although sea-sick was really horrible, I want to travel by the ship someday again. We enjoyed seeing, hearing and feeling wonderful nature such as sea, wave, air, sunrise, sunset, star, dolphin, whale, seagulls...I saw many unforgettable and wonderful view. There were no wifi. So if we wanted to communicate with someone, we had to find friends or write a letter. It seemed a little inconvenient, and very different from my ordinary life. But I didn't felt stress. Even more, it was comfortable and happy. Everyday I lived for 'now', not 'past' or 'future'. I felt strongly that 'I'm living'. 

 

8.人との出会い
今までも旅行などで感じていたことですが、私が旅をしていて面白いと思うのは、人との出会いです。観光地や世界遺産を周るのも素敵ですが、何よりも面白いと思うのは現地の人とのコミュニケーションです。バヌアツのビーチで話した女の子、道端で話したおばさん、ニュージーランドの学校で話した生徒たち、フィジーの村でお家に招待してくれた家族、マーケットで話したお店の人たち、ソロモン諸島のビーチで話したおばあちゃん、タクシーのお兄さん…。そして何より、別れが惜しくて号泣するほどだった、一緒に旅した仲間に出会えたことは、何よりの宝物です。

8. Meeting with new people

The most interesting and memorable memories for me was meeting new people. It was same as all the time I traveled. The girl I talked with at beach and the lady I talked with in the load in Vanuatu, students I met in school in New Zealand, family who invited me to their house and people met in the souvenir store in Fiji, old lady who spoke to me in the beach and young men who was a taxi driver in Solomon Islands...and, many wonderful, kind, awesome, crazy and lovely friends I traveled with as a SWYer. 

 

 

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!!

Thank you for reading my article! If you couldn't understand what I said, I'm sorry. Please leave comments and ask me. 

f:id:SayuriYamamoto:20170510210949j:image